先生

中絶手術を受ける|女性医師のいる病院を探す

負担の少ない病院とは

頭を抱える人

東京で人工中絶手術を受けるためには婦人科や産婦人科などの専門の診療科を受診する必要が在ります。しかもその妊娠週によってかかる費用や負担も大きく変わってくるため、中絶手術を決断している場合には出来るだけ早い行動がカギとなってくるのです。とはいえ、東京で中絶手術を受ける場合、利用する病院をどこにするのか、しっかりと吟味していく必要が在ります。というのも、中絶手術は体力的にだけでなく精神的に非常に大きなダメージを患者に与えます。どんな事情があるにしても、そのダメージを十分に考慮してくれる病院を利用していくことが大切なのです。手術前の対応はもちろんですが、術後の精神的ケア等々、細かな点をリサーチしていくのです。

さらに、東京で病院を探す場合にはそれぞれの病院のプライバシー管理についてもチェックしていく必要が在ります。特に、中絶手術の場合、他の妊産婦と一括りにされた空間だとどうしても精神的負担が倍増します。個人情報を守ることはもちろんですが、こうしたケースでの配慮も時には必要になってくるのです。必要に応じて予約時間を調節したり、個室が利用できるなど、病院利用の際は事前に確認をしておくと良いでしょう。人によっては男性医師ではなく、女性医師に担当してもらいたいと希望することがあります。こうした点も問い合わせの段階でチェックしておけば、よりスムーズな行動、対処が可能になっていくのです。東京のように病院の数自体が多い地域であれば尚の事、行動は早いに越したことはありません。

病院で中絶を行うには

顔を覆う女性

中絶手術は、法律によって一定の期間可能です。方法は妊娠の経過期間によって異なりますが、入院が必要になることもあり、身体的な負担が大きいです。手術を受ける本人のために、周囲のサポートがあることが大切です。

More Detail

羞恥心の緩和と麻酔の技術

胸を押さえる女性

最近は中絶を決意する人が増えています。中絶をするのであれば女医のいる産婦人科を選ぶといいでしょう。同性の女医に診察をしてもらうことで羞恥心を和らげることができるからです。また、麻酔科の標榜がある病なら安心感を得られます。

More Detail

人気の方法と実施する時期

下を向く人

日本では掻把法という中絶手術が主流です。麻酔を使うので痛みもあまり感じません。それを希望する場合は早めに医師へ相談しましょう。なぜなら、妊娠22週目以降からは中絶手術を行なうことができないからです。

More Detail